読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書について ショーペンハウアー

書評

「本から読みとった他人の考えは、人様の食べ残し、見知らぬ客人の脱ぎ捨てた古着のようなものだ。」

これはもちろん極論ですが、僕も昔から比較的本を読み、読書会なども開催している身としては、この格言には考えさせられるものがあります。読書は必ずしも良いことではありません。むしろ貴重な時間と労力を費やした結果、害となることすらあります。今回は個人的にどのように本と向き合っていくべきなのかについて考えてみようと思います。

まず第一に、絶対に避けるべきタイプの読書があります。ひとつは知識のための読書であり、もうひとつは出来の悪い本を読むことです。知識のための読書とは、本の内容を鵜呑みにするような読書のことです。それこそショーペンハウアーの言う通り、自分の代わりに他人に考えてもらうようなものです。表面上は博識で知性があるように見えるかもしれませんが、それは完全に張りぼてです。本当の知識というのはあらゆる方向から検証し、完全に自分の思考体系に根を下ろしたもののことです。本当の知識というのを、とりあえず知性と呼ぶことにします。知性は自ら獲得しようと思わない限り手に入れることはできません。つまり、自ら考えない限りいくら本を読んでも身につかないということです。

もうひとつ読書が害をなしうるケースは、出来の悪い本を読むことです。出来の悪い本というのはものすごくたくさんあります。僕の記事にも出来の悪いものがたくさんありますが、これは知性がないか、あるいは書き方が悪いのかどちらかが原因です。文章が上手い人の本は特に気をつけるべきだと思います。もっともらしいことを言いながらも、それを自ら検証していない人の本は、おそらく実がありません。なので読んだところで2週間後にはすっかり忘れているでしょう。また、いくら知性のある本でも、それが全く他人に伝わらないくらい下手に書かれていたら、それも避けておいた方が無難かもしれません。その本を読むのにはあまりに時間がかかりすぎる上、誤解をしてしまうかもしれないからです。それだったら自分でその時間の分だけ考えた方がマシです。

逆に、いくらかの時間と労力をかけてでも読んでおいた方がいい良書というのも存在します。そのような良書は人によって違いますが、共通しているのは、そこに知性があり、しっかり読み込めば理解できるように書かれているということです。僕が最近読もうとしているハイデガーの「存在と時間」は、わかりやすいとは言えませんが、根底からものすごくしっかり考えているのが伝わってきます。一方で、この間読んでいたラカンの入門書は、どうしてそうなるのだろうと不思議になる部分がとても多かったです。その結果僕が考えついた答えは、精神分析というのはあくまで仮説でしかないということです。もちろんエディプスコンプレックスは科学的に認知されているかもしれませんし、そのあたりのことは僕に知りようもありません。しかし、エディプスコンプレックスはたとえ実証できても、証明することは誰にも出来ないわけです。なぜなら無意識は僕たちには認識できず、意識や言動という目に見える部分から推定することしか出来ないからです。ラカンも非常によくできたひとつの仮説のように僕には思えます。

良い本を見分けるには、自分で考えること、そしてその本を徹底的に疑うことです。疑うことでようやく知性が得られるということは、幸いにもデカルトが何百年も前から教えてくれています。僕の記事もどんどん疑ってください。多分、たまに知性のある記事が書けています。これからはもっと知性のあることが書けるよう頑張ります。