読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIと言語

本当はこれから考えを深めていかなくてはならないアイデアで、これから改良していこうという段階なのですが、面白そうなので書きます。 まず、できるだけ話をクリアにしたいので定義をします。AIはここではreinforcement learning agentとします。つまりAIと…

不完全なAI

AIに関する議論はとてもconfusingな気がします。例えばどのタイムスケール(10年後なのか30年後なのか100年後なのか)で話しているかによって見方がまるっきり変わってくるし、強いAI(人間のように思考できるレベルのAI)と弱いAI(現在のレベルのAIの拡張…

OpenAIと今後の強化学習

OpenAIがUniverseという強化学習のプラットフォームをリリースして話題になっているみたいです。 universe.openai.com そもそもOpenAIとは何かというと、イーロンマスク、ピーターティールといった名だたるメンバーが後援しており、さらにMicrosoftとも提携…

教養のための強化学習

強化学習は機械学習の一分野である、というと一般の人は敬遠しそうな気がしますが、このように考えてみてください。機械学習というのは“汎化”の理論です。つまり観測したデータから有用で一般的な法則を発見しよう、というだけの話なのです。そして強化学習…

対話について

対話というのは一見簡単そうに見えますが、よーく考えてみるとかなり難しい話がボロボロ出てきます。ということで今回はその難しさ(とできれば面白さ)を見ていきたいと思います。 そもそも対話とは何なのか?僕の専門分野では「自然言語でコミュニケーショ…

人はロボットを愛することができるか

いくぶん幼稚な問題設定と思われるかもしれませんが、これは考えてみると重大な問題であることがわかります。なぜなら人が当たり前のように、何の抵抗もなくロボットを愛し、例えばロボットと結婚するようなことさえふつうの出来事になるのだとすれば、これ…

数学と言葉と言葉にされざるもの

ここに世界があります。僕たちはまず、数学、物理、化学のような自然科学によって世界を記述しようとします。しかし、それだけでは記述しきれない「余剰」が残るでしょう。今度はこれを言語学、歴史、心理学、文学のような人文科学によって記述しようとしま…

人間的思考と機械学習 2

機械学習とは、教師ありであれ教師なしであれ、統計学の理論であり、確率の理論です。例えば猫の画像を分類しようと思った時、コンピュータはそれが猫である確率を計算することによって分類を行います。その確率を計算する際には、計算のもととなるデータが…

言語学入門(とちょっと自然言語処理)

僕たち人間は言葉を使うことによってものごとを考えることができます。「彼はかっこいいから、きっとモテるんだろうな」と考える時も、「彼」とか「かっこいい」のような言葉を組み合わせることによって思考してるのだと考えることができます。つまり言語と…